狂犬病予防注射

更新日:2024年02月01日

ページID : 4713

狂犬病とは

狂犬病はその名前から、犬だけの病気と考えられがちですが、すべての哺乳類に感染し、発症するとほぼ100%の確率で死に至る恐ろしい病気です。

日本では昭和33年以降、動物における狂犬病の発生は認められていません。しかし、海外では東南アジアを中心に、毎年約5万人もの人々と数十万の動物が死亡していると推定されています。

近年のペットブームにより多種多様な動物が国内に輸入されている今日、日本でも狂犬病が発生する可能性は十分にあります。狂犬病の発生・感染を予防するため、飼い犬は必ず登録し、年1回の予防注射を受けさせましょう。

予防注射

登録と同様に年1度の狂犬病予防注射が義務付けられています。狂犬病から愛犬を守るためにも必ず受けさせましょう。

・注射を受けさせなかった場合、また注射済票を犬に着けなかった場合、20万円以下の罰金に処されることがあります。(狂犬病予防法第27条の2)

・注射済票も鑑札と同様、迷子札の役割もしてくれます。その年度の注射済票は必ず犬に着用してください。

予防注射の方法(1または2のどちらでも構いません)

1 個別に動物病院で受ける

個別に予防注射を受けた場合は、獣医師より『狂犬病予防注射済証』をお受け取りになり、生活環境課又は秋田県獣医師会鹿角支部で『注射済票』交付の手続きを行ってください。(注射済票交付手数料:550円)

2 市で行っている集団予防注射で受ける

令和5年度の市内巡回日程は下記からご確認ください。

※令和5年度より、秋(10月)の巡回は実施しませんので、ご注意ください。

集団予防注射について

市では、春(4~6月)に各地区を巡回して狂犬病予防注射を実施しています。

地区外の方でも予防注射を受けられますので、都合のよい日程・場所で受けてください。

犬を登録済みの方には、はがきを郵送していますので、会場にご持参ください。

持ち物

・案内はがき(ピンク)

・愛犬手帳

・料金 (注射のみ)3,500円 (登録及び注射)6,500円

この記事に関するお問い合わせ先

生活環境課 環境推進班

〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
電話:0186-30-0224 ファックス:0186-22-2042
お問い合わせはこちらから